読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードヒポキシス

可憐、無意識

使ってるカメラ

ここ5年間くらいカメラはSONYα200という一眼レフカメラを使っていました。

なのでそろそろ新しいのを触ってみたいなと思って正月に同じSONYのミラーレス一眼であるNEX-5Nフジヤカメラにて中古で購入しました。

NEX-5Nボディ(19,800円)、標準ズームレンズE 18-55mm F3.5-5.6 OSS(5,250円)、ミノルタレンズ用にマウントアダプタLA-EA1(6,300円)

現行機(NEX-5T)だとWifiとかNFCとか付いているんですが電話はiPhoneだからあまり意味が無さそうなのとセンサーはNEX-5Nから変わっていないので中古で20k切ったこれを選びました。カメラのボディの値段=センサーの値段です

光学手ブレ補正を使ってみたかったので標準ズームと更にマウントアダプタも買ったのに30kで揃った。いい時代です。

 

以下2世代ぐらいの型落ちを買って今更感あふれるレビュー

 

手にとって感じた第一印象がα200とくらべてかなり軽いのに意外と持ちやすい

レンズの方が重たい上にEマウンタの直径より小さい本体なので外に持ち出す頻度が増えました

外の散歩中に撮影。道路脇の植え込み

センササイズはα200と同じAPS-Cサイズなのですが、画素数が1024万画素から1640万画素へ向上した上に、CCDからCMOSへ変わったので画像の鮮明さが目に見えて変わり、特に暗い場所でのノイズの少なさが素晴らしいです。さすがセンサのソニー

夕暮れのスタンド照明。1/200,ISO400で撮影しても明るく綺麗に取れる

唯一不満なのが本体にモード切り替えのダイアルがついていないこと。他のメーカーのミラーレスやコンデジにもついてるのにメニューを開いて1階層潜って選択しないといけないのが不便です。

とはいえ小さいのは正義なので今後こいつはかなり活躍してくれるでしょう

 

以上レビューおわり