読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードヒポキシス

可憐、無意識

ヨーロッパ周遊旅行【出発~ドイツ編】

kou014.hateblo.jp

前回に引き続き,出発編です.

  1. 日本 ←いまここ
  2. UAEアブダビ国際空港で乗り継ぎ)
  3. ドイツ(テーゲル国際空港で乗り継ぎ) ←ここまで
  4. フィンランドヘルシンキで2泊)
  5. フランス(ホテルで1泊)
  6. イタリア(ヴェネツィアで3泊)
  7. UAEアブダビ国際空港で乗り継ぎ)
  8. 韓国(仁川国際空港で乗り継ぎ)
  9. 日本

成田空港

言わずと知れた国際空港.アクセスが面倒くさい.

しかもプライオリティ・パスで入れるラウンジにあまり豪華なものが少ない. 基本的にセキュリティを通過する前と後だと通過後のラウンジのほうが豪華だが,成田空港は手前のラウンジが多い.しょぼいとはいえWi-Fi環境やソフトドリンクやビールが飲めたりするので滞在するのには困らなかった.

セキュリティ通過後にあるラウンジは「KALラウンジ」1箇所のみ.ここは大韓航空のラウンジで,おにぎり,カップラーメン,サンドイッチなどの軽食も利用できる.あまり韓国っぽい感じはしない.

エディハド航空のボーイング787に搭乗.昨年末に導入されたばっかりのかなり最新の機体な上に,オプションマシマシな構成のためかエコノミーのくせに大変快適な座席でした.
各シートにUSBポートがついてたり,機内Wi-Fiどころか携帯電話基地局(国際ローミング)を積んでたりするさすが石油王~と言わんばかりの充実ぶりでした.本当にこのチケット4万円なのか.

ちなみに機内Wi-Fiは2時間12ドル(無期限だと20ドルぐらいだったような.クレカやPaypalで決済する)で利用可能で,下り1Mbps出る高速な回線でした(飛行中に開示された成績を確認するために利用).

f:id:kou014:20170306223531j:plain

(だいぶ風に流されながら飛んだ.)

UAEアブダビ国際空港

13時間の長時間フライトでフラフラしながら到着.4時間程度で次のフライトなのでラウンジで過ごすことに.

乗り継ぎでも出発ロビーに行くためにはもちろんセキュリティを通過する必要があるが,日本よりだいぶ大雑把なチェックだった(PCをカバンから出さずにそのままカゴに乗せられた.フィルムもそのまま手荷物で通過させた.

そもそもここの空港は,国営であるエディハド航空がほぼ占めており.ほかはメンバーの航空会社が乗り入れているだけの実質エディハド航空専用空港.石油王~

ここのラウンジは2種類あり,今回入ったのは"Al Reem Lounge"と呼ばれる方.もう片方は帰り道のときに寄ることに.
成田空港にあるのより更に豪華になり,シャワーも利用可能(中東っぽい香りがするシャンプー)で,食事も一段とバリエーションが増えていた(立て続けに出る機内食でお腹いっぱいだったので食べれず)

あと片手に鷹を持ちながら歩く絵に描いたような石油王が沢山いた.本当にああいうのがいるのか.

f:id:kou014:20170306235336j:plain

ドイツへはコードシェア便としてエア・ベルリンという航空会社の航空機エアバスA330-200に搭乗.流石にちょっとグレードは落ちた.

ドイツ・テーゲル国際空港

7時間のフライトでやっとドイツに到着.

EU圏内に入るための入国審査を通過する.次のフライトまで間が空いていたのでベルリンまで行こうとしたものの,あいにくの大雨だったため断念.セキュリティ手前に唯一あるラウンジで過ごすことに.Wi-Fiが繋がらん.

なぜかセキュリティ通過時に引っかかって別室行き.そのまま荷物を別の機械に通した後に「OK」と言われたのでもはや何で引っかかったのかすらわからなかった. (持っていったSuper-Takumarがアトムレンズだから放射線に引っかかった?)

次のフィンランド行きの飛行機はエアバスA320-214,エア・ベルリンLCCである"NIKI"というハエがキャラクターとして描かれている飛行機に搭乗.

f:id:kou014:20170306235431j:plain

今回もほぼ文字だけの記事になりましたが,次回以降は多分写真があると思います.